こころに悩みがあるというだけで病気という訳ではありません。はじめて受診される方は、心療内科、精神科で「何をされるの?よくわからない薬には頼りたくない」と、ためらう方も未だ多くいらっしゃるかもしれません。まずはお話をしながら一緒に考えていくことから進めます。
ストレスやお身体の不調など、少しでも心配ごとがございましたら、ためらわずに職場の昼休みや帰り道でも、どうぞ気軽にご相談ください。プライバシー厳守の安心空間でお待ちしております。

このような症状でお悩みではないでしょうか?
ストレスやお身体の不調などちょっとしたことも一人で悩まずに、どうぞ気軽にご相談ください。

  • 落ち着かず、心細い
  • 気が沈んで何をしても楽しくないし、やる気が起きない
  • だるい
  • 人間関係で悩んでいて押し潰されそう
  • 他人とコミュニケーションがうまくとれない
  • 妊娠、出産や育児への不安
  • 月経前後に不安定となりやすい
  • 出産の前後に伴う不安など
  • 突然悲しくなり泣いてしまう
  • 人混みが苦手で外出できない
  • 電車やバスに乗れない
  • 食欲がない
  • 身体のことばかり気にかかる
  • 食べ過ぎとわかっていてもやめられない
  • 便通が整わない(便秘・下痢)
  • ちょっとしたことでイライラする
  • 元気で上機嫌だが何事もやり過ぎてしまう
  • 物音や他人の話し声などに過敏
  • 他人の視線が気になる
  • 他人から噂をされているようで不安
  • 脱毛が気になる
  • 何度手を洗っても気がすまない
  • 人前で話ができない
  • トイレが近いけど、行っても出ずに落ち着かない
  • 人前で字を書こうとすると手が震えて書けない
  • 突然のぼせたり、体温の調節がうまくいかず、手足のしびれや発汗もひどい。
  • 検査で何も異常がないのに、体がフラフラしたり、立つことができない
  • 医者は大丈夫というが、頭痛や肩凝り、吐き気、嘔吐、動悸、めまい、立ちくらみ、耳鳴りかしてつらい。
  • だんだん物忘れがひどくなってきた

下記の方も、どうぞ気軽に相談ください。

  • 「正常だ」と思っているが、周りの方々に受診を勧められた
  • 受験勉強、就職活動などで、ストレスがたまっている
  • 恋愛や性のことで悩んでる
  • 出産の前後に伴う不安など
  • 性欲がわかない
  • 上司からのパワハラに困っている
  • 痛みが続いているが、原因がわからない
  • 身体疾患にかかり、どうしたらいいか分からず混乱している
  • 「些細な症状」で、受診してもいいのか迷っている

拡がりつづける「地域の精神保健」に積極的に対応させていただきます

  1. 児童・配偶者・高齢者への虐待、ひきこもり、ニート、アルコール依存症、アルコール関連問題
  2. 天災・大事故などのこころのケア
  3. 自閉症スペクトラム障害(小児~成人の発達障害)や認知症

診療内容

保険診療の場合、初診では30-45分程度です。再診療では、患者さんの症状に応じて医師が判断しており、10-20分程度となります。
再診は10分から20分程度を基本としております。
毎回30分を越えるような診療をご希望される場合は、保険診療では、受けかねますので、自由診療(自費)での通院をお願いいたします。
なお、自由診療を選択された場合は、処方薬・血液検査・心理検査などにも健康保険を使うことができなくなります。ご留意ください。
なお、自由診療後の保険診療による同日再診は、「混合診療」とされ、本邦では認められておりません。

  • ご本人のお話を伺う問診と精神療法を重視した診療を心がけており、必要な場合は、ご本人の了承を得た上でご家族、学校や職場の方々との面接も積極的におこなっています。薬物治療が必要かどうかを慎重に考慮し、可能な限り少ない種類の薬剤(漢方薬も含む)をご相談しながら使用していきます。
  • 定期的に血液検査などでご本人の状態を確認し副作用に配慮した治療を行っております。副作用などのご意見は遠慮なさらず気軽にお話ください。また、随時心理検査や症状評価尺度などを用いて、症状のより的確な把握に努めてまいります。一定期間症状が落ち着いている段階をみて、徐々に薬を減らしながらなるべく早く治療が終了するように心がけております。再発・再燃を考慮した上、医師や臨床心理士による認知行動療法や対人関係療法も行っております。
  • お出しした薬の用法・用量をしっかりと守っていただくことが症状の早期改善への近道となります。
  • 日本語が苦手な方への英語、独語での診療も行います。

ご本人やご家族の方々も「頑張ってないから」「どうして自分だけ?」「こんなはずはない」 などと徐々に無理がかかっていませんか?精神的・身体的・社会的に様々な理由から、こころや身体の不調がでてくることは珍しくありません。もっとつらくなる前に、まずはお早めに受診・ご相談をおすすめします。状況次第では、混雑してきておりますが、家族相談を是非活用ください。

Welcome to Nagaushi Mental Health Clinic web site.
Nagaushi Mental Health Clinic is a comprehemsive provider of psychiatric outpatient clinic service.
We offer the treatment for various aspects of psychiatric conditions such as,
acute psychosis,Depression,panic,attack,Insomnia,Epilepsy,Autism Spectrnm disorders etc.
Treatment programs we offer are with sufficient conseling and suitable medications.

睡眠は言うに及ばず、ひとが健康に生活していく上で大切なベースとなります。ぜひ生活習慣の改善のためにも、以下をご参照ください。

睡眠障害対処12の指針 (平成13年度版)

平成26年度に改訂されましたのでそれもあわせてご参照ください

睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分
・睡眠の長い人、短い人、季節でも変化。8時間にこだわらない。
・歳をとると必要な睡眠時間は短くなる。
刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法
・就寝前4時間のカフェイン摂取、就寝前1時間の喫煙は避ける。
・軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニング。
眠たくなってから床に就く、就床時間にこだわりすぎない
・眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝付きを悪くする。
同じ時刻に毎日起床
・早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる。
・日曜に遅くまで床で過ごすと、月曜の朝がつらくなる。
光の利用でよい睡眠
・目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン。
・夜は明るすぎない照明を。
規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣
・朝食は心と体の目覚めに重要、夜食はごく軽く。
・運動習慣は熟睡を促進。
昼寝をするなら、15時前の20~30分
・長い昼寝はかえってぼんやりのもと。
・夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響。
眠りが浅い時は、むしろ積極的に遅寝・早起きに
・寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る。
睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のびくつき・むずむず感は要注意
・背景に睡眠の病気、専門治療が必要。
十分眠っても日中の眠気が強いときは専門医に
・長時間眠っても日中の眠気で仕事・学業に支障がある場合は専門医に相談。
睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
・睡眠薬代わりの寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因となる。
睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全
・一定時刻に服用し就床。
・アルコールとの併用をしない。

厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費
「睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班」
平成13年度研究報告書より

受付のご案内

<初診患者についての変更点>

興奮、暴力、迷惑行為、会話内容が支離滅裂などが目立つ方、ご家族が即日及び近日中の入院が必要と考えている方々などにつきましては、大変申し訳ございませんが、クリニックの特性上、診療をお受けできかねますのでご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

また、高校生以下(16歳以上20歳未満)の初診の方へのご連絡

  • 保護者に内緒で初診されることは可能ですが、診察後にどうしても、お薬による治療を余儀なくさ れる場合には、保護者の同伴が必ず必要となります。

なお、お薬は元より不要で、「カウンセリングでいい」とされる方の診療は、1-2時間と長引くことが多く、他の患者やそのご家族への影響も勘案した上で自費とさせていただきます。加えて、「成人」の方々も同様ですので、ご理解ください。

受付にお越し頂くお時間を予約できます。(診療開始時間ではありません)
お電話か診療終了後受付でおとりください。
予約外の方は予約の方の間で診察いたします。

※クレジットカードでのお支払いはできません。

※初診の方は問診票を当クリニックのホームページの左メニュー「問診票ダウンロード」ページよりダウンロードし、お持ち頂けますと、診察がスムーズに運びますのでご協力下さい。

来院時に必要なもの・クリニックからのお願い

受診の都度、保険証と各種医療証をご持参ください。
公費負担医療受給券をお持ちの方は、受付にて提示をお願いします。

再診の場合、症状によって、どうしても診療を急がなければならない方がおいでになられた際には、順番が前後することをご了承ください。

現在服用しているお薬がありましたら、薬剤情報提供書(またはお薬手帳)など内容がわかるものか、薬そのものをお持ちください。また、血液検査などの検査結果がお手元にございましたら、そのコピーも持参してください。

他医療機関通院中で当医院への転院をご希望される方は診療情報提供書(紹介状)もご持参ください。

正確な診断や適切な治療を行い、薬物の副作用を防止するためにも、とても大切な情報となります。処方薬について、どんな薬なのか、いつ治るのか、いつまで飲むのか、副作用はあるのかなど心配しておられることと思います。
当クリニックでは、できる限り薬の情報をお知らせすべきと考えております。
診療情報提供書(紹介状)をお持ちでない場合も受診は可能ですが、

「初診に係わる保険外併用療養費」という条例にならいつつ、薬剤が過剰となり複数にまたがるとすこぶる危険であるという厚生労働省の指導や現状から、二重診療・受診(同科2ヶ所)は認めません。また、身体科により向精神薬が処方されていても同様とご理解ください。

他、転勤や転居に伴い薬剤が途切れてしまう方々などについては、初診会計時に3000円(税込)を別途徴収させていただくこととします。

尚、他院通院中で紹介状がなく、転院しようか迷っていらっしゃる場合などは、セカンドオピニオンとなりますので、自費診療30分7500円(税込)とさせていただきます。お薬の処方はできません。

是非ともご遠慮なさらず、気軽に相談してください。

クリニックからのお願いと費用について
各種保険診療(3割負担)の初診の診察料は約2500円です。20歳未満の方は、法により加算が、定められておりますので、ご了承ください。
再診(2回目以降)の診察料は、約1500円です。臨床検査(血液検査、心電図など)を行った場合は、別途検査代・お薬を処方された方は、加算されますのでご了承ください。

通院医療費公費負担・自立支援医療(精神通院)制度の利用

継続的に通院が必要な病状であると医師が判断した場合、こちらの制度を利用すると自己負担額が軽減されます。社会保険の方は3割から1割負担になります(生活保護など、これ以上の公費料と制度を受けておられる方の負担が増えることはありません)。国民健康保険の方は、市町村によって自己負担額が異なります。一定の要件を満たせば、同制度を利用する上で所得制限はありません。
逆に、世帯の所得制限に応じて月々の上限負担額が設定され、上限を超えた分が全額公費扱いになります。
当クリニックでは、同制度を積極的にご案内しています。

診断書・証明書など
それぞれ、別途料金が必要となります。

※なお領収書の再発行は致しませんのでご了承ください。

車イスをご利用の方へ
車イスをご用意しております。ご利用の方はスタッフまでお申しつけください。

お子様連れでも、気がねなくご来院ください。

?

個人情報の保護について

当クリニックは、患者さまの信頼に基づく医療を基調として、日々努力を重ねております。
患者さまの個人情報保護法につきましても、適切に保護を管理することが、とても重要であると認識しております。なお、前記詳細は当クリニック受付に掲示しております。